オメガ3オイル(αリノレン酸)

オメガ3(αリノレン酸)のオイルを紹介します。

オメガ3( αリノレン酸)オイルは、人のの体の中で、EPA(エイコサペンタエン酸)やDHA(ドコサヘキサエン酸)に変換されることで、血中の悪玉コレステロールを低くし、善玉コレステロールを高める働きをします。さらに、血圧を下げ、血栓の危険性を低くする働きがあります。

しかし、劣化が激しいという難点もあります。

特に熱に弱いために働きを維持する為には、加熱調理はできません。保管にも注意が必要で、紫外線に長時間さらさらない、低温での保管などが必要です。一度、開封したものは、酸化を防ぐ為にも早めに食べることが大事です。

食べ方は、加熱に向かず、少し癖があるのでスプーンなのでそのまま飲むのが一番、良いと思います。

 アマニ油(フラックスオイル)

亜麻仁油とは、亜麻の種子から抽出される油のことで、必須脂肪酸であるα-リノレン酸やリノール酸を豊富に含みます。一般的にも入手しやすい、一番、身近なオメガ3オイルです。

 癖がなくとても飲みやすいアマニオイルを紹介します。

>>詳細はこちらで

amani1

えごま油

えごまの種子から抽出されるオイルです。昔は灯り用の油として使われていました。えごま油には、オメガ3(αリノレン酸)が豊富に含まれています。

egoma1

しそ油

えごま油と同類のオイルです。えごまは、シソ科の植物です。

siso1

ナッツ油(グリーンナッツ・インカナッツ)

グリーンナッツやインカナッツなどのナッツなら抽出したオメガ3(αリノレン酸)です。エゴマ油やアマニ油と並ぶか、またはそれらを上回るとも言われています。

natu1

ハープシールオイル

アザラシから取れるオメガ2オイル(αリノレン酸)です。このハープシールオイルには、DPAが含まれています。DPAはEPAの十分の一の量で同等以上の効果があると言われています。食用油というよりサプリメントで飲むのが一般的です。

hapi1

フィッシュオイル

DHAやEPAを豊富に含む青魚(イワシ、サバなど)から抽出されるオメガ3オイルです。一般的は、サプリメントとして飲むのが一般的です。

saba1

クリルオイル

南極でとれるオキアミから抽出されるオメガ3オイル(αリノレン酸)です。フィッシュオイルより体への吸収がよいと言われています。また、アスタキサンチンも含まれていて、鮮度、維持に役立っています。一般的にはサプリで飲むのが一般的です。

おすすめのクリルオイルサプリ

kuriru