魚油について

日々の食事などで魚油を取り入れたいと考えている方も多いと思います。

私たちの食卓には、魚が出ることも多いですから、無理なくオメガ3を取り入れたいと考えている方にとっては、魚油は取り入れやすいですよね。

では、この魚油とは、どういったものなのか、ご紹介しましょう。

魚油とは、どういったものかというと、サンマやイワシ、サバなどの青魚に含まれている、脂肪油のこと。

その他には、ハマチや鮭、かずのこ、ぶり、アユ、筋子などにも含まれています。「こういった、魚であれば毎日でも食べられる」という方も多いかもしれませんね。

実は、こういった魚油は、石けんを作る際やマーガリンを作る際などにも、用いられているんですよ。「魚油には、どういった効果があるのだろう?」と思われる方もいると思いますが、魚油にも私たちにとって必要なEPAやDHAが含まれています。

そのため、血液サラサラ効果や、中性脂肪を減らしてくれる効果、アレルギー改善効果、脳卒中予防、脳梗塞予防、動脈硬化予防、ガン予防などの効果を得ることが出来ます。

「どういった料理をすると、より魚油を摂取出来るのだろう?」という方もいると思いますが、こういった魚などは、お刺身をはじめ煮つけをしたり、スープに入れたり、ホイル焼きなどを行うことで、脂なども一緒に摂取することが出来るでしょう。

しかし、オメガ3は熱に弱いため、できれば加熱しないで食べたほうが、より効果的にオメガ3を摂取できます。