DPAとは

オメガ3のひとつ、DPAという成分について、ご紹介しましょう。

DPAは、動脈硬化予防の効果に優れているとても魅力的な成分なんですよ。

オメガ3というと、どうしてもEPAやDHAなどの成分が注目されてしまいますが、動脈硬化予防効果は、EPAと比べると10倍以上もあるといわれていますから、どんどん取り入れたい成分といえます。

DPAには、他にどういった効果があるかというと、血管内の皮細胞を遊走作用があったり、血管壁を柔軟にしてくれる効果、粥状硬化を阻害してくれる効果、血液のサラサラにしてくれる効果などが期待出来ます。

こういった効果を見ていると、血液に関する効果が様々あるのが、分かりますよね。そして、アレルギー症状の予防や糖尿病予防、アルツハイマー病の予防、老化防止などを行っていくことが出来ます。

「DPAは、どういった食材に含まれているの?」と思われる方もいると思いますが、DPAは他のオメガ3と比べると、少し違います。

鮭、さんま、さば、いわしなどには含まれていますが、一番摂取量が多くなるのは、マンボウ肝油となります。

このように、DPAには血液に関する様々な効果を得ることが出来ますから、血液に関係する病気などに不安がある方は、積極的に取り入れていきましょう。